不妊の種類

不妊の種類

結婚して、避妊していないにもかかわらず、妊娠しないことがあります。この状態が2年以上続くと、不妊症の疑いがあります。

 

不妊症は2種類に分けることができます。一つ目は一度も妊娠したことが無い不妊症で、もう一つは1時出産した、流産した、子宮外妊娠をしたなど、一度妊娠を経験したことがある人の不妊です。前者が原発性不妊症で後者が続発性不妊症と呼ばれます。

 

不妊の検査には、月経の周期に合わせて行うのでどうしても時間がかかってしまいます。長いケースでは半年ほどかかるときもあります。男性の検査は、精子の数や運動量などを調べる精液検査があります。精液検査は産婦人科ですることができます。

 

生殖機能に異常が見つかって地用が必要な場合は、泌尿器科に映ることになります。
まが、女性は、毎朝、起きる前に基礎体温を測り基礎体温表を付けているのであれば、それを医師に診せると診察がしやすいので効率よく治療することができます。

 

今、避妊治療で注目されている成分がマカです。マカは古代インカ帝国の時代からアンデスの人々が愛用していた滋養強壮剤です。男性はもちろん女性にも効果があるということで、生薬としてだけでなく、西洋医学でもその働きが注目されているのです。