男性の不妊症にもマカが効きます

男性の不妊症にもマカが効きます

日本でも100万組のご夫婦が不妊症で悩んでいると言われています。不妊症の原因には女性にあるものと考えられがちですが、実は男性の方にあることもあり、その割合は半分半分だと言われています。

 

かつて日本では、子供を妊娠しない原因はすべて女性の方にあるとされていた時代がありました。しかし現代では、男性側にも原因があって不妊が起こることもわかっているのです。

 

不妊の原因の割合は男女とも変わらず半分づつ等しく原因を持っているのです。男性の不妊の原因としては、インポテンツや勃起障害などの性交障害や、精子の数が少なかったり、精子の運動量が活発でないために、受精しにくいなどのケースがあります。

 

マカに含まれている、アルカロイドやデキストリンなどのホルモン活性物質は男性の不妊の原因を改善する効能があります。

 

アルガロイドには、ストレス性勃起不全の症状を改善する作用があります。いま日本ではあまり知られてはいませんが男性の勃起不全患者の数が急増しています。その原因のほとんどがストレスだと言われています。

 

さらに若い男性の勃起障害も症例が増え続けています。どうしてこのような状態になっているのかはまだ解明されてはいませんが、食事と社会の変化による影響が大きいのではないかとされています。

 

食事に関しては、防腐剤などが含まれているものが、昔に比べて氾濫しています。それらを口にすることでホルモンが異常を起こして、男性の勃起障害に至っているというのです。

 

社会に関しては、昔に比べると活動時間が夜型になってきています。そのほかにも、常に仕事などで緊張し続けることによるホルモン異常が原因で勃起障害が起こっているというのです。

 

もちろんこれは状況証拠だけで解明されている訳ではありませんが、しかし、都会に比べると、田舎の男性は勃起障害にかかりにくいという統計が出ています。

 

そのためこの説が有力だと言われています。この状態が続くと、最終的には人類は子孫を残すことができなくなるのではないかと言う専門家もいます。

 

しかし、マカを飲んで、アルカロイドを摂取すると、過敏になっていた神経が鎮まるので、大脳中枢の疲労が取り去られ、勃起が正常に起こるようになるのです。

 

また、デキストリンには、ペニスへの血液の流入を活発にする作用があります。勃起は、ペニスを構成している海綿体に血液が流れ込むことで起こります。故に勃起不全の治療には血流を良くすることがとても有効なのです。

 

マカは、男性の生殖機能の低下を回復する効能があります。ダイオキシンなどの環境ホルモン物質が原因だと言われています。

 

この問題は、現代の医学ではまだ解明されていません。しかし、このような男性の不妊にもマカが威力を発揮することが臨床試験の結果でも証明されているのです。

 

マカに含まれている成分が、精子の生成を促進して、元気な精子をたくさん作る体にしてくれるのです。

 

男性の不妊治療にもマカがとても有効だということがお分かりいただけたかと思います。それにしても、現代人は環境ホルモンやストレスに晒されている、とても大変な時代になっていると思います。